« 進水式 | トップページ | 出るぜ! »

2007/02/13

昔の話

ワタクシがテニスをはじめたのは高校生から。

それまでは、バスケットボールひと筋。
ところが、進学した高校に強豪校バスケ部の
猛者が集まってしまった。

こりゃ、レギュラーなんて絶対に無理だと、
実力主義を冷静に分析して、バスケットボールに
見切りをつけることに。

かといって、小学校から部活漬けの体は、
帰宅部になんてなったら、持て余してしまう。

そこで目をつけたのがテ二ス。
女子も多いし、楽そうだし、ウハウハの高校生活かななんて。

軟式じゃ、中学からやってるやつにかなわない。
当時は硬式テニス部を持っている学校は少なかった。
おあつらえ向きに、硬式テニス部はまだ部に昇格する前の愛好会。
愛好」会という響きに引き寄せられてフラフラと入部。

入ってみてビックリ。
最初の練習はマラソンとコートづくり。
死ぬほど走って、その後はショベルとつるはしで土を掘り返す。

なんと部として認められてなかったので、コートが無かったのだ。
まさに、「青が散る」の初回そのもの。

極めつけには、女子部員が一人もいなかった。
愛好会」とは完全に不当表示としか言いようの無い
恐い先輩が勢ぞろい。

入部初日にして、ワタクシのバラ色(桃色?)の
高校生活に暗雲が立ち込めたのであった。

(続く・・・かも)

« 進水式 | トップページ | 出るぜ! »